読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画「よろこびのうた」ネタバレ感想ブログ

漫画「よろこびのうた」ネタバレ感想ブログです。無料試し読み情報、各話ネタバレなどまとめています^^

【失恋日記】1話目「別れる」結末ネタバレ!【猪狩が飲んだ薬の効果は?】

【失恋日記】1話目「別れる」結末ネタバレ!【猪狩が飲んだ薬の効果は?】

柏木ハルコ「失恋日記」

  

こんにちは!

 

マンガ大好き♪

2児の母のゆめこです♪

 

「失恋」をテーマに描かれた、柏木ハルコ先生の短編集。

 

柏木ハルコ「失恋日記」

 

冒頭の1話目に収録されている、「別れる」という短編。

 

彼氏を好きになりすぎて、ストーカー化したヒロイン・猪狩。

 

そんな自分が嫌になり、「過剰な恋愛感情を抑制する薬」を飲んだ猪狩ですが・・・?

 

果たして、猪狩の恋の結末は?

 

この記事では、柏木ハルコ「失恋日記」1話目に収録されている「別れる」の内容について、少しだけネタバレしながらご紹介していきますね。

 

私はここで読みました

→まんが王国

 ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

(失恋日記、で検索してみてください)

 

 

*以下結末ネタバレ含みます!*

*未読の方はご注意ください!*

 

 

【失恋日記】1話目「別れる」結末ネタバレ!【猪狩が飲んだ薬の効果は?】

柏木ハルコ「失恋日記」

 

 

最後の願い

 

過剰な恋愛感情を抑制する薬。

 

自分の想いに疲れたヒロイン・猪狩は、彼を呼び出し、目の前で薬を飲むことを宣言します。

 

その代わり、猪狩が出した条件は、

 

「最後に一度だけ抱いて」

 

というもの。

 

それを聞いた彼は、嫌な顔をします。

 

それを見た猪狩は、彼の目の前で、薬を一気飲み!

 

そしてベッドに横たわり、

 

「イヤならいいよ」

 

「帰って」

 

と言います。 

 

彼の涙

 

「しかし・・・」

 

「本当に効くのかね」

 

言いながら、猪狩にのしかかる彼。

 

意外なキスに、猪狩は思わず涙ぐみます。

 

(これ・・・)

 

(この質感)

 

「好き」

 

思わず耳元で囁く猪狩に、彼は露骨にイヤな顔をします。

 

「怒って包丁投げたりとか」

 

「すぐキレるし」

 

「キレられると死にたくなるよ」

 

彼の言葉に、また涙があふれる猪狩。

 

「いいじゃん!忘れるんだから!」

 

言いながら、彼の顔を見ると。

 

なんと、彼も涙を流していました。

 

そして、翌朝・・・

 

 

それを見て、泣き出す猪狩。

 

最後に笑顔が見たい、と懇願しますが、

 

彼はそれに答えることなく、無我夢中で猪狩を抱きます。

 

そして、翌朝。

 

猪狩が眠るベッドの下で、頭を抱える彼。

 

「ごめんな」とつぶやき、猪狩の頭を撫でようとした、その時。

 

むくりと猪狩が起き上がります。

 

「ギャ!」

 

「もうこんな時間!」

 

ベッドから飛び起きて、慌てて身支度する猪狩。

 

彼にゴミ出しを手伝わせ、大急ぎで家を出ます。

 

「じゃ、ここで!」

 

さらりと別れようとする猪狩。

 

そんな彼女に、「大丈夫?」と問いかける彼。

 

その問いかけに、猪狩はきょとんとした顔で首をかしげるのです。

 

 

私はここで読みました

→まんが王国

 ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

(失恋日記、で検索してみてください)

 

 

柏木ハルコ「別れる」結末読んでみた感想

f:id:yumeko2016:20160929210233j:plain

 

 

猪狩が飲んだ「彼を忘れる」薬の効果。

 

それは、意外な形で現れました。

 

何事もなかったように目覚め、身支度をする猪狩。

 

読んでいる私も、彼と一緒に、ぽかんとした気持ちになります。

 

だけどこの薬、「彼を嫌いになる 」ものではなかったんですね。

 

ラストシーンの、猪狩が彼に贈る言葉

 

そして彼の、二人の恋への「感想」。

 

さらりとしているけど、とても心に残りました。

 

こんな薬、私も若いころ飲んでいたら・・・

 

何か、「今」が変わったかなぁ。

 

そんなことを思いました。

 

私はここで読みました

→まんが王国

 ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

(失恋日記、で検索してみてください)

 

 

こんな記事も書いています

 

yorokobinouoa.hatenablog.jp

 

 

 

yorokobinouoa.hatenablog.jp