読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画「よろこびのうた」ネタバレ感想ブログ

漫画「よろこびのうた」ネタバレ感想ブログです。無料試し読み情報、各話ネタバレなどまとめています^^

「失恋日記」6話目「憧れのブルマ」ネタバレ感想【ブルマの魅力とは?】

「失恋日記」6話目「憧れのブルマ」ネタバレ感想【ブルマの魅力とは?】

柏木ハルコ「失恋日記」

  

こんにちは!

 

マンガ大好き♪

2児の母のゆめこです♪

 

「失恋」をテーマに描かれた、柏木ハルコ先生の短編集。

 

柏木ハルコ「失恋日記」

 

6話目に収録されているのは、「憧れのブルマ」という短編。

 

短編というより、掌編といった方がいいかも。

 

とても短い、でもキョーレツな短編です。

 

笑いました〜!

 

「裸のえろ」の後がこれなんて、柏木先生さすがです!(笑)

 

この記事では、柏木ハルコ「失恋日記」6話目に収録されている「憧れのブルマ」の内容について、少しだけネタバレしながらご紹介していきますね。

 

私はここで読みました

→まんが王国

 ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

(失恋日記、で検索してみてください)

 

 

「失恋日記」6話目「憧れのブルマ」ネタバレ感想【ブルマの魅力とは?】

柏木ハルコ「失恋日記」

 

 

ブルマの魅力

  

 冒頭、「ブルマ」について語る主婦たち。

 

彼女たちが子供の頃、体育の時間になると履いていた「ブルマ」。

 

はみパンに、半ケツ。

 

80年代生まれには、懐かしい単語が並びます。

 

その会話を聞いていたのが、この話の主人公・山田女史。

 

某研究所に勤務する彼女も、「ブルマ」について思いを馳せていました。

 

人体、その神秘なる存在

 

 

人体。

 

その精密で、複雑な世界。

 

人間の体は、60兆個もの細胞でできていると言われています。

 

その構造。

 

その神秘。

 

「ブルマ」を通し、そんな複雑怪奇な人体に影響する「菌」についても思いをはせる山田。

 

場面は変わり、研究所。

 

作業の合間に、同僚の後藤(←男)にお茶を入れる山田。

 

笑顔でそれを受け取り、「最近、山田さん優しいですね〜」などという後藤に、

 

彼女は突然、

 

履いていたブルマを、全開で見せるのです!!

 

私はここで読みました

→まんが王国

 ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

(失恋日記、で検索してみてください)

 

 

柏木ハルコ「憧れのブルマ」読んでみた感想

f:id:yumeko2016:20160929210233j:plain

 

 

「失恋日記」のラストを飾る短編です。

 

短編、というより、掌編、といった方がいいかな?

 

とても短いお話です。

 

研究所とブルマ、なんともチグハグな組み合わせですが、

 

そこには意外な繋がりが・・・

 

あるのか・・・?(笑)

 

心にズシズシくる短編が多い中、このノリは笑えました。

 

だけど、意外に深い気もする!

 

ブルマって深ーい!

 

読むと、世界を見る目が変わるかもしれません。

 

最後まで先の読めない、素晴らしい短編集でした。

 

読んで良かった〜!

 

私はここで読みました

→まんが王国

 ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

(失恋日記、で検索してみてください)

 

 

こんな記事も書いています

 

 

yorokobinouoa.hatenablog.jp

 

 

 

yorokobinouoa.hatenablog.jp