読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画「よろこびのうた」ネタバレ感想ブログ

漫画「よろこびのうた」ネタバレ感想ブログです。無料試し読み情報、各話ネタバレなどまとめています^^

「失恋日記」3話目「夫の片思い」ネタバレ感想【人の気持ちはどうにもならない】

「失恋日記」3話目「夫の片思い」ネタバレ感想【人の気持ちはどうにもならない】

柏木ハルコ「失恋日記」

  

こんにちは!

 

マンガ大好き♪

2児の母のゆめこです♪

 

「失恋」をテーマに描かれた、柏木ハルコ先生の短編集。

 

柏木ハルコ「失恋日記」

 

3話目に収録されているのは、「夫の片思い」という短編。

 

結婚8年目の夫婦に、訪れた危機。

 

夫から「好きな人ができた」と告白された、妻がとった行動とは?

 

この記事では、柏木ハルコ「失恋日記」3話目に収録されている「夫の片思い」の内容について、少しだけネタバレしながらご紹介していきますね。

 

私はここで読みました

→まんが王国

 ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

(失恋日記、で検索してみてください)

 

 

「失恋日記」3話目「夫の片思い」ネタバレ感想【人の気持ちはどうにもならない】

柏木ハルコ「失恋日記」

 

 

「好きな人が出来た」

  

主人公・上田恵理は38歳。

 

42歳の夫・「よっきゅん」と結婚して8年。

 

その日もいつものように、仕事の愚痴を夫にぶちまけていた恵理。

 

その時、夫から、衝撃的な告白をされます。

 

「ごめん」

 

「他に好きな人が出来た」

 

驚く恵理。

 

結婚当初から、「もし私を好きでなくなったら」、

 

もしくは「他に好きな人が出来たら」、「怒らないから教えて」と言っていた恵理。

 

その時は、突然訪れたのです。

 

 

年上の彼女

 

夫が好きになった相手は、職場の契約社員の「植草さん」。

 

一つ上の、43歳の彼女。

 

以前から、夫が「仕事が超できる」と言っていた女性です。

 

恵理と夫、二人の間に子供はいません。

 

詳しい話を聞いてみると、夫はまだ、植草さんと付き合ってはいない、ということ。

 

「不倫はしてないよ」

 

「オレはそーいうのできる人間じゃないから」

 

夫の言葉に、なんとも言えない表情を見せる恵理。

 

さらに、夫は、

 

「どーしたらいいと思う?」

 

と、恵理に聞いてくる始末。

 

らちの開かない態度に、恵理は怒り狂います。

 

告白

 

 

その日の夜。

 

何も解決しないまま、いつものように布団に入った二人。

 

怒りが収まらない恵理は、布団の中で考え込みます。

 

そして。

 

「よし!こーしよう」

 

「お前、植草さんに告白しろ」

 

恵理の言葉に、焦る夫。

 

「えー・・・・」

 

「しばらく考えさせて」

 

そんな夫の態度に、恵理はさらに怒り狂います。

 

「しばらく、じゃねえ!」

 

「明日しろ!!」

 

そんなこんなで、3日後。

 

カフェで植草さんと待ち合わせ、告白することになった夫。

 

その様子を、少し離れた喫茶店で、恵理は見守ることになるのですが・・・

 

 

私はここで読みました

→まんが王国

 ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

(失恋日記、で検索してみてください)

 

 

柏木ハルコ「夫の片思い」読んでみた感想

f:id:yumeko2016:20170310060411j:plain

 

 

結婚8年目にして、夫に「好きな人が出来た」と告白された恵理。

 

しかも、不倫ではなく、まだ片思い!

 

しかも決断できない性格の夫は、その後の自分の振る舞いを、恵理に聞いてくる始末です。

 

これは・・・かなりキツイ状況ですよね。

 

恵理のゲキで、「植草さん」に告白することになった夫。

 

その様子を眺めることで、恵理は、今まで自分でも気づかなかった、「ある想い」に気づくことになるのです。

 

夫婦の愛情って、なんなんでしょう。

 

人を好きになる気持ちも、なんなんだろう、と思います。

 

オモシロ夫婦の恵理たちですが、夫からの告白は、二人の関係に決定的なものをもたらす・・・のですが・・・

 

キツイけど、愛情あふれる展開です。

 

続きは是非、本編で確かめてみてくださいね^^

 

私はここで読みました

→まんが王国

 ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

(失恋日記、で検索してみてください)

 

 

こんな記事も書いています

 

 

yorokobinouoa.hatenablog.jp

  

yorokobinouoa.hatenablog.jp